地震恐怖


(症状と改善法について)

地震が来るのではないかと不安を感じてしまうのが、地震恐怖と言われている症状になります。
これも強迫神経症の場合に、良く見られる症状です。

なお、この症状は地震に限らず、台風や火事、津波などの自然災害に対する不安も含めて考えて良いと思います。

つまり、広い意味で言えば、自然災害恐怖と呼んでも良いと思います。

こういう自然災害は、予想することの出来ないことですから、誰でも恐怖や不安を感じてしまうものなのですが、地震恐怖の場合は、実際に、ある程度の経験があり、この時の恐怖感を忘れることが出来ず、また、起こったらどうしようと「予期不安」を感じていることが多いものなのです。

誰でも、非常に辛い思いや、怖い思いをすれば、これが心の傷になって、また、同じようなことが起こったらどうしようと予期不安を感じてしまうものですが、神経質性格の傾向のある人の場合は、この予期不安が異常に強くなりやすいものなのです。

そして、この結果、地震や自然災害に対する恐怖を、常に感じるようになってしまうものなのです。

しかし、この地震恐怖の症状も、その根本原因は神経症から来ていますから、森田療法の考え方を身につけていく中で、少しずつ改善してくるものなのです。

ただ、このためには、ある程度の時間が必要になってきます。

つまり、精神安定剤や、抗不安剤といった薬を飲めば、これですぐに治るという類のものではないのです。



前ページへ 次ページへ


サイトマップ
強迫神経症トップ 雑念雑音恐怖 高所恐怖症 潔癖症 縁起恐怖
危害恐怖 先端恐怖症 不完全恐怖 疾病恐怖 嫌疑恐怖