閉所怖がり


(症状と改善法について)

閉所怖がりは狭い所に入ると不安になってしまうという症状ですが、最近、昔よりも増えているように感じます。

昔であれば、せいぜい満員電車やエレベーターの中で不安になる位でしたが、最近はCTとかMRIといった医療器械が一般化してきたために健康診断などで使われることが多くなり、この中に入ることで閉所怖がりの症状を感じてしまう人が増えているように思います。

また、飛行機に乗って旅行する機会も増えてきたために飛行機の中で閉所怖がりの症状が出て動悸や息苦しさといった症状が起こることも多いように思います。

また、閉所怖がりの場合、物理的に狭い場所ということではなく、満員電車の中とか歯医者さんの治療台とか、美容院の椅子に座っているなど、精神的に身動きが出来ないような状況でも起こってくるものなのです。

つまり、自分が今いる場所から移動したいと思っても、思うように移動できないような状況に置かれると閉所怖がりの症状が起こってくるのではないかと思います。

閉所怖がりの場合、不安悩みに分類されることも多いですが、予期不安が強い場合、つまり、「また狭い場所に行って不安になったらどうしよう」と感じることが多い場合にはとらわれ悩みの面が強くなってくると思います。

とらわれ悩みは何か1つの観念にとらわれてしまう場合を言いますが、MRI検査のことが気になってしまい何日も憂鬱になるという状況の時には、充分、強迫観念になっていると言えるのではないかと思います。

しかし、この閉所怖がりも、その根本原因は、自殺怖がりや多汗症などとと同様に悩みから来ていますから、森田療法の考え方を身につけていく中で症状の不安を「あるがまま」に受け入れることが出来るようになると、この結果として少しずつ改善してくるものなのです。

ただ、このためには、ある程度の時間が必要になってきます。
つまり、抗うつ剤や、抗不安剤といった薬を飲めば、これですぐに治るという単純なものではないのです。



前ページへ 次ページへ


サイトマップ
地震怖がり 雑念雑音怖がり 高所怖がり 潔癖症 縁起怖がり
危害怖がり 先端怖がり 不完全怖がり 疾病怖がり 自殺怖がり