先端恐怖症


(症状と改善法について)

針や鉛筆など先の尖った物を見ると、恐くなってしまうということで悩んでいるのが、先端恐怖症と言われている症状になります。

これも先の尖った物に対する強迫観念の一種ですから、強迫性障害の症状になります。

この先端恐怖症は、危害恐怖の症状と合わさり、針など先の尖った物で、人の目を突いたりして、危害を与えてしまうのではないかと恐怖感を感じることも多いようです。

また、少し変わった例では、天井からぶら下がっている紐などに恐怖感を感じてしまうという、いわばぶら下がり恐怖症と言っても良いような症状もあります。

ただ、いずれも、強迫観念を抱いている点では共通しており、強迫性障害の症状になることなのです。

しかし、この先端恐怖症も、その根本原因は神経症から来ていますから、森田療法の考え方を身につけていく中で、少しずつ改善してくるものなのです。

ただ、このためには、ある程度の時間が必要になってきます。

つまり、精神安定剤や、抗不安剤といった薬を飲めば、これですぐに治るという類のものではないのです。



前ページへ 次ページへ


サイトマップ
強迫神経症トップ 雑念雑音恐怖 高所恐怖症 嫌疑恐怖 潔癖症
縁起恐怖 危害恐怖 自殺恐怖 疾病恐怖 地震恐怖